スポンサーリンク

カメラで使うメモリーカードの容量。何GBがおすすめ?

この記事は約 10 分で読めます。

カメラで使うメモリーカードの容量。何GBがおすすめ?

一眼レフやミラーレスカメラで使えるのは、「SDカード(エスディーカード)」と呼ばれるメモリーカードが主流です※

※コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)などデジカメ全般も含む

パソコン本体(または 外付けの読み取り装置)にSDカードを挿入し、カメラとパソコン間で、写真データのやり取りもできます。

SDカードは、たくさんの種類が、店頭やネットショップで販売されていますね。

ここで、どのSDカードを選べばいいのか分からず、迷ってはいませんか?

 

SDカードには、容量や書き込み速度(撮影した画像がSDカードに記録されるまでの時間)の違いで、さまざまな種類が用意されています。

カメラには必須となるメモリーカードですが、自分にとって、どのくらいの容量が必要か・使い勝手がいいのかを知っておきましょう。

また、SDカード規格の一つである書き込み速度について覚えておくと、動画撮影や高速連写を使うときに役立つので、参考にしてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カメラで使用するSDカードの容量でおすすめは

写真撮影が主体なら(動画はあまり撮らない)

・SDカードの容量は 16~32GB

・高速連写を多用するなら、書き込み速度の速い「ウルトラハイスピードクラス」規格

・最低でも2枚以上用意する

 

動画撮影をよくする

・SDカードの容量は 64GB以上

・書き込み速度の速い「ウルトラハイスピードクラス」規格

・動画撮影の時間や頻度により、複数枚用意する

 

SDカードの容量・書き込み速度の規格・SDカードを複数枚用意する理由については、次章以降で説明します。

 

SDカードを選ぶ時の注意点

1. SDカードの容量

主に販売されているSDカードの容量は 、8~512GB(ギガバイト)で、容量によって名称が異なります。

 

(1)SD …… ~2GB

デジタルカメラでは使われません。

 

(2)SDHC …… 4~32GB

画質の良い一眼レフやミラーレスカメラに使うなら、16GB以上がおすすめです。

 

(3)SDXC …… 64GB~

比較的新しい規格のため、持っているデジカメが対応しているかどうか、取扱説明書で確認しましょう。

 

2. 欲しいSDカードが自分のカメラで使用できるか確認する

デジカメのメーカー・機種・発売時期によって、64GB以上のSDXCカードが使えないことがあります。

購入を考えているSDカードが、自分のカメラで使えるかどうか、取扱説明書で確認してください。

特に、2010年より前に発売されたカメラの中には、64GB以上のSDXCカードに対応していないものがあります。

 

3. SDカードの書き込み速度(転送速度)の規格

(1)スピードクラス(Class)の数値
メモリーカードのスピードクラス(Class)の説明
現在の主流は、「スピードクラス10」です。

SDカードのラベルに、アルファベットC文字の中に10という数字が書かれていたら、スピードクラス10を表します。

高速連写を常に使うということでなければ、スピードクラス6~10で十分に利用できます。

 

(2)ウルトラハイスピードクラス(UHC)の数値
メモリーカードのウルトラハイスピードクラス(UHC)の説明
スピードクラスよりも、さらに書き込みスピードが速いことを表しています。

スピードクラス10表示と併記され、アルファベットU文字の中に、1か3の数字が書かれています。

この数字が大きいほど、高速連写でたくさんの枚数を記録できたり、スムーズな動画撮影ができることを表しています。

 

4. SDカードを値段だけで選ばない

SDカードの価格は、容量と書き込みスピードの違いで決まっています。

安ければいい・高ければいいという単純なものではなく、

「撮影スタイル(撮影主体が写真なのか動画なのか)」

によって変わります。

 

5. SDカードは消耗品である

デジカメを使っていれば、

 ・撮影する

 ・撮影した画像を見る

 ・パソコンにデータ移動する

こうした作業を、日常的に行います。

そのたびに、SDカードの内部では、何度も繰り返しデータが読み書きされます。

読み書き回数が増えれば増えるほど、SDカードは劣化していきます。

SDカードは、いつかは壊れるもの・ある日突然壊れるもの、という意識を常に持っておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

写真撮影が主体なら(動画はあまり撮らない)

SDカードの容量が大きければ大きいほど、写真をたくさん撮って、保存しておくことができます。

そのため、「容量は大きい方が、たくさん画像が保存できるから良い」と考えがちですが、ここには落とし穴があります。

結論としては、「SDカードはあまり大きくない容量を2枚以上用意して使うこと」をおすすめしています。

 

SDカードは消耗品のため、いつ壊れるか分かりません。

新しいから絶対に壊れないという保証もなく、SDカードが壊れてしまうと、写真データも取り出せなくなることが多いです。

こうしたリスクを避けるためにも、SDカードは16~32GBくらいのものを複数枚持ち、ローテーションで使うことが大事になります。

 

2泊の旅行なら、1日目と2日目でSDカードを入れ替えれば、もし1枚のカードが破損しても、旅行の思い出が全部なくなるという悲劇を、避けることができます。

その際、SDカードケースを用意し、「使用したSDカードは裏返しに収納する」など工夫すると、便利に使えます。

また大事な写真データは、SDカードの容量に関わらず、こまめにパソコンなどに移動しましょう。

 

SDカードに保存できる静止画の撮影枚数は、カメラ本体で設定する「撮影画質」によって変わります

参考記事:一眼レフの画質と記録サイズ。おすすめの設定を教えます!

 

カメラのライブビュー画面内には、現在の撮影画質での「撮影できる残り枚数」が表示されます。

SDカードを購入したら、自分のカメラでの撮影可能枚数を確認しておくと、次回SDカードを購入する時の参考になります。

 

動画撮影・高速連写をよくするなら

一眼レフで動画撮影を行うなら、64GB以上・ウルトラハイスピードクラスのSDカードをおすすめします。

動画撮影中は、こまめなSDカード交換ができません。

また、動画データがSDカードに書き込まれるスピードも速い方がいいので、ウルトラハイスピードクラスのSDカードにしましょう。

 

同様に、高速連写撮影(静止画)を多用する場合も、ウルトラハイスピードクラスのSDカードを選びます。

SDカードのラベルに「○○MB/s」表記がある場合、○○の数値が大きいほど(40以上)、高速連写した時のデータ保存時間が速い=連写枚数がたくさん撮れるので、参考にしてください。

 

SDカードに保存できる動画撮影時間は、カメラ本体で設定する「動画撮影画質」によって変わります

 

カメラのライブビュー画面内には、現在の動画撮影画質での「撮影できる残り時間」が表示されます。

SDカードを購入したら、自分のカメラでの撮影可能時間を確認しておくと、次回SDカードを購入する時の参考になります。

 

 

★メーカーの違うカメラに、1つのSDカードを使いまわしても大丈夫?

1つのSDカードを、別メーカーのカメラで使うことは可能です。

使いまわす場合、まず、SDカードに入っている撮影データをパソコンなどに移動します。

次に、使うカメラ本体でSDカードを「初期化(フォーマット)」してください。

※初期化すると、SDカード内のデータはすべて消えるので注意

 

例>オリンパスのカメラで使っていたSDカードを、ニコンのカメラで使いたい

1. オリンパスのカメラに挿入していたSDカードの撮影データを、パソコンなどに移動する

2. SDカードをニコンのカメラに挿入し、カメラ本体のメニューから、SDカードの初期化(フォーマット)をする

 

いちいち初期化をしなくても、SDカードはそのまま使えることも多いです。

それでもひと手間かけて、使うカメラに常に適した状態にしておくことが、トラブルを未然に防ぐ手段となりますよ。

 

一眼レフのメモリーカードの選び方まとめ

発売されるSDカードの容量はどんどん増え、1枚のカードに何千枚単位で、写真データを保存できるようになりました。

その分、SDカードが破損した場合に、撮りためた写真がすべて消えてしまうというリスクも、大きくなっています。

大容量のメモリーカードはとても便利ですが、自分の使い方に応じて、上手に使い分けてくださいね。

SDカードを使いこなして、たくさんの写真を撮りに行きましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
一眼レフカメラ本体
cameloveをフォローする
~わらうかめらぶ~ ミラーレス初心者向け撮影の基本から応用まで