スポンサーリンク

一眼レフのオートフォーカスは半押しが決め手!使いこなそう

この記事は約 10 分で読めます。

一眼レフやミラーレスカメラでは、シャッターボタンを半押しすることで「ピピッ」と音が鳴り、画面内のどこかにピントが合います。

そこからさらに、シャッターボタンを押し込むことで、写真が撮れるようになっています。

これを「オートフォーカス機能」といいます。

特に、カメラを買って最初に電源を入れたときは、この設定になっていることがほとんどです。

自動でピント合わせをしてくれるのは便利な反面、勝手にカメラがピントを決めてしまうことで、不便さを感じる場面もあります。

 

一眼レフやミラーレスカメラのオートフォーカス機能には、いくつか種類があるので、使いこなしていきましょう。

また、オートフォーカスが使えない場合に、カメラのピントを手動で合わせる「マニュアルフォーカス機能」についても説明します。

 

 

 

●一眼レフのオートフォーカスは、シャッター半押しがポイント

一眼レフやミラーレスカメラで一番多く使われているピントの合わせ方は、「オートフォーカス」です。

オートフォーカスには、大きく分けて2つあります。

※一眼レフでは、オートフォーカスのことを「AF(エーエフ)」と表す

 

1. ピントはカメラ任せ【マルチAF】または【多点測距(たてんそっきょ)AF】

カメラ購入時にあらかじめ設定されていることが多く、シャッターを半押しすると、画面内のどこかにピントが合います。

その状態から、シャッターを全押しすることで、撮影が可能です。

画面全体の中から、カメラが自動的に、ピントを合わせるべき一点を決めます。

人の顔や色合いのハッキリした花など、カメラが認識しやすいものを撮影するときに、適した設定です。

カメラ任せで気軽に撮影することができる反面、自分がピントを合わせたいと思うものに、ピントが合わないことがあります。

 

2. ピントは自分で決める【AFターゲット設定】

一眼レフで撮影するなら、AFターゲット(=ピントの位置)を自分で決めてから、シャッターを半押し、撮影するのがおすすめです。

ファインダーをのぞき(あるいは液晶画面を見て)、カメラ本体にある「AFフレーム選択ボタン」または「十字キー」を押すことで、AFターゲットを好きな位置に移動できます。

画面内で、自分が好きな場所にピントを合わせることができるので、気に入った構図を変えずに、写真を撮ることが可能です。

 

 

※シャッターを半押しにしても、「ピピッ」と音が鳴らずピントが合わない場合

レンズ交換をしたあとなどに、シャッターを半押ししても、自動でピントが合わなくなることがあります。

この場合、「マニュアルフォーカス(MF)」設定になっていないか、以下の点を確認しましょう。

 

・レンズについている「AF」「MF」の切り替えスイッチを、「AF」側にする

・カメラ本体の設定で、「AF」に設定する

 

マニュアルフォーカスについては、後述します。

 

 

 

●一眼レフのシャッター半押しで、ピントを固定するメリット

自分の撮りたい被写体の位置が、構図の関係で、いつも画面の真ん中にあるとは限りません。

また、AFターゲット設定で、ピント位置を決めてから撮影していては、シャッターチャンスを逃してしまうという場合もあります。

こんなときは、AFロック(=フォーカスロック)機能を使ってみてください。

 

1. AFターゲットは真ん中※、被写体も真ん中に配置し、シャッターボタンを半押しする

 

2. 被写体にピントが合った状態のまま(シャッターボタン半押しのまま)、カメラをずらして構図を変える

 

3. シャッターを全押しして撮影

※AFターゲットの位置は、被写体にピントが合わせられれば、真ん中でなくても問題ない

 

AFロック機能を使うことで、一番写したいモノにピントが合ったまま、好きな構図で写真を撮ることが可能です。

注意点は、カメラをずらす際には、ピントを合わせた被写体との距離は変えないようにすることです(距離が変わるとピントも合わなくなる)。

 

 

 

●シャッター半押しを使った「置きピン」を活用する

高速で移動したり、動きの予測がつかない被写体に対し、カメラのピントを合わせることは、とても難しいです。

この場合、被写体がカメラのピント位置にくるのを待って撮影する「置きピン」をおすすめします。

 

1. 被写体が通る場所に、あらかじめシャッター半押しで、ピントを固定する

 

2. 被写体がきた瞬間に、シャッターを全押しして撮影する

 

ピントを固定したあとに、カメラを前後に動かしてしまうと、ピントがずれてしまうので、しっかりとカメラを構えるか、三脚を使って撮影します。

置きピンは応用範囲が広いので、様々な場面で活用してみてください。

 

たとえば、水族館のショーでイルカのジャンプをとらえるため、天井からつるされているジャンプ用ボールに、あらかじめピントを合わせておき撮影します。

子どもの運動会では、ゴールテープにピントを合わせておき、ゴールの瞬間を撮影するのもおすすめです。

動いている電車の撮影でも、置きピンは有効に使えます。

 

 

 

●フォーカスモードの種類

カメラによって名称の違いはありますが、おおまかに分けると3種類になります。

 

【AF-S/S-AF/シングル/ワンショット】

一度ピントが合うと、そこでフォーカスがロックされます。

ピントが合わないと、シャッターを全押しすることができません。

 

【AF-C/C-AF/コンティニュアス】

シャッター半押しで、動く被写体にピントが合い続けます。

動く被写体に対し、ピントの追尾機能がついているカメラもあります。

 

【MF/マニュアルフォーカス】

ピント合わせは、レンズにあるフォーカスリングを使い、手動で行います。

AFではピントが合わず撮りづらい被写体(低コントラストの濃淡のない単一色の壁・雲のない青空・高輝度のキラキラと光の反射した水面など)の撮影や、マクロレンズで使用します。

 

※ピントのMF(マニュアルフォーカス)と、撮影モードのM(マニュアル)は、まったく別のものです。

撮影モードのMは、絞り値とシャッタースピードを任意で設定できるものであり、今回のピント合わせとは関係ありません。

 

 

 

●一眼レフのピント合わせのまとめ

一眼レフとミラーレスカメラでは、ピント合わせの方式が違います。

 

・一眼レフ……位相差(いそうさ)AF
両目ピントともいわれ、ピント合わせが速い

 

・ミラーレス……コントラストAF
片目ピントともいわれ、ボケ具合を判断してピントを合わせる
一眼レフでも、ライブビュー(液晶画面に写しながら撮影)にすると、コントラストAFになる

 

ピント合わせ方式の違いから、かつてのミラーレスカメラは、一眼レフよりピント合わせが遅いと言われていました。

しかし今は改善され、ミラーレスカメラのピント合わせも速くなっています。

また、ミラーレスカメラはAFターゲット設定(=ピント位置)が、非常に細かく決められることも利点です。

 

写真は撮ってからでも、画像編集ソフトや、場合によってカメラ本体でも、色調などの加工をすることができます。

しかし、「ピントが合っていなかった」というミスは、取り返しがつきません。

カメラのフォーカス(ピント)について、よく理解しておき、自分が撮りたいモノにしっかりとピントを合わせられるようになっておきましょう。

 

私も新しいレンズを使い始めた直後など、今でもピント合わせには苦労することがあります。

カメラの小さい液晶画面で確認すると、ピントが合っているように見えるのに、パソコンの大きな画面で見たらボケていて、がっかりしたことも数知れません。

オートフォーカスを活用しても、シャッターを全押しする瞬間にブレたり、被写体との距離が変わってしまいボケ写真になった、という失敗はつきものです。

 

とにかく、ピント合わせは練習あるのみ!

何度も失敗を重ねつつ、思い通りにピント合わせが、できるようになっていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
一眼レフ撮影の基本
cameloveをフォローする
~わらうかめらぶ~ ミラーレス初心者向け撮影の基本から応用まで