一眼レフを買う前に。初心者が知りたい基本や疑問のまとめ

一眼レフやミラーレスカメラに興味を持ったものの、買おうかどうか迷っているあなた。

そんなあなたが、不安や疑問に感じていることを、元初心者で、同じ道を通ってきた私がまとめました。

 

・基本的なことが分からなくて恥ずかしい

・そもそもなにが「基本的なこと」なのかも分からない

・カメラ用語は難しくて理解できない

・初心者だとバカにされる気がする

 

こんな風に感じるのも無理はありません。

初心者が、Q&AサイトやSNSで質問をすると、「カメラの基本くらい勉強してからこい」と言う人も、残念ながら実際にいます。

せっかく一眼レフカメラに興味を持ったのに、冷たくされたり、やたら難しい言葉で説明されたら悲しいですよね。

このカテゴリー内の記事では、カメラを買う前の初心者にも、特に分かりやすい説明を心がけています。

 

 

 

●一眼レフ・ミラーレス・コンデジ・スマホカメラの違い

コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)はもちろん、スマホカメラでもキレイな写真が撮れるようになりました。

それでもまだ、一眼レフやミラーレスカメラを使うべき理由があります。

 

・背景ボケや前ボケなど、あらゆる「ボケ」を自由に操ることができる

・レンズ交換と可動液晶画面によって、撮影距離・範囲や構図の自由度が非常に高くなる

・繊細な画像表現が可能

・夜間や暗い場所での撮影に強い

・一眼レフカメラを持ち歩いていたらカッコイイ

 

最後の理由は、ふざけているようで、意外と大事な理由です。

自分が本当に気に入ったものを手にしたとき、自然と上がるモチベーションは、いい写真を撮るうえでバカにできないんですよ。

スマホカメラで適当に撮っていた被写体も、一眼レフのファインダーをのぞいたら、見違えるような素晴らしい被写体に変化することもあります。

スマホと一眼レフについて、ハード面での性能の違いはもちろん、それらを所有する気持ちについても比較していきます。

 

 

 

●一眼レフやミラーレスカメラの種類

「一眼レフカメラ」と「ミラーレスカメラ」は、どちらもデジタル一眼レフカメラです。

一眼レフはミラーレスより、被写体の素早い動きに強い・解像度が高く画質が良い、と言われていました。

しかし技術の進歩により、現在は、ミラーレスが一眼レフに機能的に劣ることはありません。

※高価格の上位機種と、それ以外の機種で性能は違ってくるが、一眼レフ VS ミラーレスという比較は意味がなくなっている

 

一眼レフ・ミラーレスは、どちらもたくさんのメーカーが販売しています。

さらに撮像素子という、カメラ内の光を感知するセンサーの大きさは、フルサイズ(大)・APS-Cサイズ(中)・マイクロフォーサーズ(小)と、3種類あります。

 

・一眼レフ か ミラーレス か

・どのメーカーにするのか

・センサーサイズはどれがいいのか

 

これらの選択は、カメラカタログを眺めているだけでは、なかなか決められません。

どうやって自分が欲しいカメラを決めていけばいいのか、初心者向けのポイントを説明します。

 

 

 

●初心者におすすめのカメラ

カメラは実際に使うことで、たくさんの機能や仕組みを理解することができます。

いくら文章を読んで使い方を知ったところで、実践で得られる知識にはかないません。

一眼レフやミラーレスに興味を持ったら、思い切って手に入れてしまいましょう!

 

・女性でも使いやすい大きさ

・機械操作が苦手でも扱いやすい

・見た目がかわいい または カッコイイ

・初心者向けキットレンズがついている(※次項を参照)

・最初から上位機種が欲しい

・カメラを購入するのにおすすめの店

 

こうした要望別に、記事をまとめました。

ずばり、初心者におすすめできるカメラを、具体的に紹介します。

 

 

 

●カメラを買うときに一緒に揃えておきたいもの

一眼レフやミラーレスは、基本的に本体のみで販売され、レンズは別売となっています。

しかし初心者向けに、「キットレンズ」として本体+レンズ1~2本がセットになったものが販売されています。

 

最初のうちは、どんなレンズが自分に合うか分かりません。

だからこそ、セットで割安になっている、キットレンズセットを購入するのがおすすめ。

 

レンズの他にも、本体購入時に、一緒に用意しておきたいものがあります。

特に、撮った画像を保存するための、SDカードは必須。

レンズの保護フィルターやクリーニングクロス、気になる人は、カメラ本体の液晶画面保護シートもつけておきたいですね。

ここでは初めてのカメラ購入時に、一緒に購入しておくと便利なものを紹介します。

 

 

 

●カメラ用語が分からないなら

カメラ用語には、普段聞きなれない言葉が多く、最初のうちは理解できないことが多いです。

こうしたカメラ用語をあいうえお順・アルファベット順に並べ、分かりやすく説明した記事へリンクを貼っています。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

●カメラを中古で購入するなら

一眼レフやミラーレスカメラを中古で購入するのは、初心者にはあまりおすすめしません。

ただし、以下のような理由で中古を選択することもあります。

 

・使いこなせるかどうか不安なので、まずは安いもので練習したい

・どうしても欲しい上位機種が、新品だと高いから

 

なぜ中古カメラが、初心者向けではないのかの説明もします。

中古購入を決めた人向けに、買う時に注意するポイントや、おすすめの店(ネットショップ含む)を紹介します。

 

 

 

このカテゴリーの記事を読んで、一眼レフやミラーレスを買ってみよう!という気持ちになってくれたら、とても嬉しいです。

丁寧で詳しい説明を心がけていますが、「いまいちよく分からない」と感じたら、お気軽にブログのお問い合わせから連絡をくださいね。

私もカメラについてはまだまだ勉強中ですが、だからこそ、カメラを買う前に抱いていた不安な気持ちを忘れていません。

カメラを買う前の疑問点や不安をなるべくなくして、楽しい気分でカメラを手に入れましょう!

NO IMAGE 一眼レフを買う前に

一眼レフの撮像素子とは。種類はいくつ?焦点距離との関係も

一眼レフの撮像素子が何種類あるか知っていますか?ミラーレスカメラで使われているものも含めて3つあります。一眼レフで使われている撮像素子の種類やサイズを知り、レンズの焦点距離を計算するときに使われる35mm判換算についても、くわしく説明します。
NO IMAGE 一眼レフを買う前に

一眼レフとミラーレスの違いは?利用目的で選ぶことが大事

一眼レフカメラとミラーレスカメラの違いを知ることで、初心者はどちらのカメラを選べばいいのか決めやすくなります。一眼レフとミラーレスのそれぞれの構造や機能などの特長を知って、どちらがより初心者に向いているのかを、私の体験談を交えてお話しします。