一眼レフの使い方。初心者が最初につまづきやすい基本を知る

一眼レフやミラーレスカメラを実際に使い始めると、買う前には分からなかった小さなトラブルや疑問が、どんどん出てきます。

 

・外出先でたくさん写真を撮っていたら、バッテリー切れに

・SDカードは入っているのに、なぜか写真が保存できない

・なんだかカメラが汚れてきたような気がする

・カメラを使わないときは、家のどこに置いておけばいいのか

 

カメラ初心者が最初につまづくことが多い、一眼レフの基本的な使い方について、このカテゴリーで説明します。

 

 

 

●写真を保存するのに必要なSDカード

デジタルカメラでかならず使うのは、写真データを保存するためのSDカードです。

SDカードは、初めてカメラを買うときと同時、まずは1つだけ購入することが多いでしょう。

最初のうちは1枚だけでも問題ないSDカードですが、カメラを楽しむうえで、かならず予備を持っておきたい消耗品です。

 

SDカードには、写真を撮影するたびに、画像データが書き込みされます。

また、SDカードがいっぱいになったら、画像をPCなどに保存してから、SDカードからは削除しますね。

こうした画像データの読み書き・削除を繰り返すことで、SDカードのデータを保存する領域には、物理的な負荷がかかります。

長く使っているSDカードほど、ある日突然、使えなくなる危険性が高くなります。

最近は、コンビニでもSDカードは売っていますが、いつもすぐに買い物できる街中で撮影をしているわけではありません。

いざというときに備えて、予備のSDカードは、あらかじめ準備しておきましょう。

 

 

 

●カメラに欠かせないバッテリー

カメラのバッテリーは、カメラを購入するとついてきます。

最初のうちはバッテリー1つでもいいのですが、カメラをよく外に持ち出すようになったら、かならず予備を準備しましょう。

当たり前ですが、デジタルカメラは、バッテリーがないと動かなくなります。

またSDカードと違い、コンビニなどですぐ買えるものではありません。

メーカーごとに種類も多いので、とりあえず誰かに借りるというのも難しいですね。

 

特にミラーレスカメラは、ファインダー内と液晶画面に、ライブビュー機能で画像を常に写し出しています。

そのため、一眼レフよりもバッテリーの消耗が速いです。

スローシャッターを多用する場合なども、バッテリーを消費しやすいので、注意しましょう。

 

バッテリーも消耗品。

スマホのバッテリーと同じで、何年も使っているうちに、使える時間が短くなってきます。

いざというときに、バッテリー切れでなにも撮れなかった、と泣くことがないよう、予備のバッテリーを持つことをおすすめします。

 

 

 

●カメラを買ったらメンテナンスをしよう

毎日カメラを使っていると、気づかないうちに、カメラに少しずつ汚れがついてきます。

ついレンズの汚ればかりが気になりますが、カメラ本体もずっと触るものなので、汚れやすいです。

カメラには意外とデコボコが多く、よく見るとレバーの隙間などに、ほこりが溜まっていることもしばしば。

女性だと、ファインダーや液晶画面に、ファンデーションなどの化粧品汚れがつくこともあります。

レンズが汚れていなければ、写真のうつりに影響はありません。

しかし、大事なカメラを長くキレイに使っていくために、自分でできるメンテナンス方法を説明します。

メンテンナンスキットや、清掃に必要な道具を揃えていきましょう。

 

また、カメラを外で使っていると、急な雨に見舞われることもあるかもしれません。

雨でカメラが濡れてしまった場合の対処法も、説明します。

 

 

 

●カメラをどうやって保管するのか

使っていないときの一眼レフカメラは、家の中のどこに置いていますか?

デジタルカメラは、精密機器でもあります。

極端に温度や湿度が高かったり、逆に低すぎる場所は、カメラ本体もレンズの保管にもよくありません。

かといって、一般的な家の場合、カメラを保管する部屋全体の空調を、カメラに適したものにするのは難しいのが現状です。

カメラはできるだけ、毎日電源を入れて使ってあげるのが、一番の保管方法という意見もあります。

そうはいっても、カメラに触れない日は、誰にでもあるでしょう。

カメラを保管するための手軽な容器の紹介や、防湿庫の説明などをしていきます。

 

 

 

●ファームウェアのアップデートについて

「ファームウェア」がなにか分からない、という場合も安心してください。

ファームウェアとは、カメラを快適に使うため、カメラやレンズ機能をアップデートするためのデータです。

メーカーが不定期に用意してくれます。

ファームウェアをアップデート(カメラに適用)することで、新機能が使えるようになったり、不具合が解消されます。

このファームウェアについてと、アップデートの方法などを、詳しく説明していきます。

 

 

 

一眼レフもミラーレスカメラも、買う前にいろいろ調べて、納得してから購入したはずです。

それでも、いざ使い始めてみると、新たな疑問や不安、不便なことがどんどん出てきます。

そんなときは、このカテゴリーの記事を参考にして、カメラの使い方をしっかり覚えてくださいね。

一眼レフカメラ本体

カメラで使うメモリーカードの容量。何GBがおすすめ?

カメラに必要なメモリーカードの容量はどのくらいがいいのでしょうか。一眼レフで使用するのはSDカードが主流ですが、種類が多く、選ぶにはコツが必要です。人によって違うカメラの使い方によるメモリーカードのおすすめ容量や、データ読み書き速度の説明をします。
NO IMAGE 一眼レフカメラ本体

一眼レフのバッテリー充電。おすすめの方法と予備を持つ理由

一眼レフはバッテリーの電気で動くため充電は欠かせません。デジタルカメラにとっては命の源となる部分です。一眼レフの効率の良いおすすめのバッテリー充電方法や、予備を持ち歩く重要性を知り、撮影時に常につきまとう充電池切れトラブルへの対策をしましょう。