スポンサーリンク

カメラの明るさは露出補正で決める。写真を思い通りに撮ろう

この記事は約 6 分で読めます。

一眼レフやミラーレスカメラで撮影した写真が、自分のイメージより暗かったり、明るかったりしたことがありませんか。

たとえば、逆光で人物を撮影すると、顔がとても暗く写ってしまいますね。

SL機関車などの真っ黒いモノを撮ると、逆に明るくなってしまい、黒がグレーっぽく写ることも。

こうした現象は、カメラが被写体の明るさを自動的に判断しているため、起きてしまいます。

カメラが勘違いしてしまった明るさを、「露出補正」という機能を使って、コントロールしていきましょう。

カメラの明るさを決める露出補正について、分かりやすく説明します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

露出補正で明るさを調整する

・露出(ろしゅつ)=写真の明るさ

・露出補正(ろしゅつほせい)=写真の明るさを調整する

撮った写真が、自分が考えているよりも明るかったり暗かったら、まずは「露出補正」をしてみましょう。

 

露出の値は、「EV」という単位で表します。

露出補正の仕方は、カメラによって多少の違いはありますが、ダイヤルを回すだけと、比較的手軽に操作できるよう設計されています。

いちいち液晶画面を見ずに、ファインダーをのぞいたまま操作できるよう、慣れておきましょう。

 

露出補正の基本数値:「0(ゼロ)EV」

0EV を基準として、プラスとマイナスに 0.3EV 単位で変更できる

 

明るくしたいとき……プラス

暗くしたいとき……マイナス

ここで気をつけたいのが、基準となる 0EV は、「カメラが考えるちょうどいい明るさ」であること。

だから逆光で撮影すると、「ここは明るいから少し暗めにしよう」とカメラが勘違いして、0EV でも暗くなってしまいます。

撮影場所に合わせたり、自分好みのイメージになるよう、露出補正をしていきましょう。

 

露出補正をするコツですが、明るくふんわりとした雰囲気にしたいなら、まず思い切って +2.0EV まで上げます。

0EV とはかなり明るさが違ってくるので、そこから 0.3EV ずつ下げながら、ちょうどいい明るさを探るのがおすすめ。

もちろん、0EV から 0.3EV ずつ上げてもいいのですが、徐々に上げていくと、明るさの違いが分かりづらいことも。

暗くしたい(マイナスにしたい)場合も同様に、-2.0EV まで下げてから、0.3EV ずつ上げていきます。

 

露出補正をして撮影をしたら、かならずプレビューで撮った写真を確認しましょう。

明るすぎたり(=露出オーバー)、暗すぎたり(=露出アンダー)していませんか?

あとでパソコンで画像編集するなら、ある程度は明るさを調整することも可能です。

ただし、元のデータが明るすぎたり暗すぎると、上手く調整できないので注意しましょう。

 

本来、露出は「絞り値(F値)」と「シャッタースピード」で決まります。

ただし、この記事では露出補正について簡単に理解してもらうため、あえて露出の調整方法だけを説明しています。

 

スポンサーリンク

 

露出をプラスにする

・人物の表情をキレイに撮る(逆光の場合も)

・室内でペットを撮る

・食べ物や料理を美味しそうに撮る

・花をふんわりと幻想的に撮る

・雪景色を真っ白に撮る

・雨の景色を撮る

人の表情を美しく撮りたいなら、逆光の場合はもちろん、それ以外でもプラスの露出補正にすると、明るく撮れるのでおすすめ。

雪景色を撮るのに露出補正をプラスにするのは、カメラは白い雪をとても明るいものと認識するため、自動的に暗く写そうとしてしまうからです。

また、花や景色を印象的に撮りたいなら、露出補正を思い切りプラス(+2.0EV前後)にしてみましょう。

ちょっと露出オーバーかも、というくらいまで明るくすると、実際に目で見た感じとは違った、やわらかい雰囲気になります。

 

露出をマイナスにする

・月の模様まで美しく撮る

・夕焼けの色を濃く美しく撮る

・黒っぽいモノ(SL機関車やダークトーンの雑貨、木目など)の質感を撮る

・夜景を撮る

・水族館で暗い照明の下にいる魚を撮る

月の模様を写すなら、露出補正を -3.0EV 前後までマイナスにすると、月の明るさが落ち着き、模様がよく撮れます。

黒いモノや暗い場所で撮影すると、カメラが「暗い」と感じて、画面全体を明るく写そうとします。

あえて露出補正をマイナスにすることで、本来の明るさやモノの質感を表現することが可能になりますよ。

 

露出補正についてまとめ

デジカメは、何枚でも好きなだけ撮れるのが大きなメリットですね。

だからこそ、露出補正の数値をいろいろと変えながら、同じ被写体をたくさん撮ってみてください。

1つの露出で1枚の写真しか撮らなかったときよりも、被写体がいろいろな雰囲
気を持つことに気づけます。

露出補正を思い通りに扱えるようになるだけで、写真の幅が大きく広がります。

難しいことは考えず、まずは露出補正の操作が自然に行えるように、練習してみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
一眼レフ撮影の基本
cameloveをフォローする
~わらうかめらぶ~ ミラーレス初心者向け撮影の基本から応用まで